2014年04月24日

【年収アップ?】日本中央競馬会へ就職したい!

日本中央競馬会とは


日本中央競馬会(にほんちゅうおうけいばかい)とは、中央競馬を主催する団体のこと。
JRA(じぇいあーるえー)のことを指します。JRAは「Japan Racing Association」の頭文字をとっている。
政府が資本金の全額を出資する特殊法人であり、世界最大の馬券売り上げを誇り、毎年3,000億円以上を国庫に納入し畜産の振興や社会福祉へ役立てられている。(競馬用語wikiより引用)

採用の募集はあるの?


JRAのホームページには、採用に関する専用のページが設けられております。常に募集を行っているわけではないのでホームページでチェックするのが一番早いです。(JRAのホームページ

業務内容


業務内容は主に2種類に分かれます。
平日は競馬開催に向けた「平常業務」を行い、土・日の競馬開催日は開催日に伴う業務を行う「開催業務」があります。

平常業務


平常業務には、企業運営のための企画部、経理部、総務部、法務部、人事部といった通常の会社によくある業務ごとの部門があります。他にも、競馬開催を支える競走部や審判部、メディアへの宣伝をする広報部などがあったりします。それぞれが所属する部署で競馬開催のための準備や組織管理の仕事をしております。

【部門一覧】総合企画部、経理部、総務部、法務部、人事部、施設部、国際部、お客様事業部/販売事業室、お客様事業部/接客事業室、お客様事業部/システム統括室、広報部、ウインズ事業運営部、競走部、審判部、馬事部

【休日】主に土・日に競馬開催があるため、職員の主な休日は月・火となります。

開催業務


平日に開催日へ向けて業務を行っていた職員も、土日の開催日には競馬場やウインズへ出向いて、開催日に伴う業務を行います。言わば平常業務の集大成です。
お客様の接遇、レースの施行、投票券発売管理、映像・情報管理などに携わります。

【開催業務の例】
  • 裁決-着順の確定や異議の申し立てに対する裁決、出走馬や騎手に対する保安措置、競馬の公正を害する行為の取り締まりなどを行います。

  • 走路監視-競馬場の各コーナーにある走路監視塔(パトロールタワー)から、馬場に入場してきた出走馬の動向やレース中の騎乗で斜行や不正または異常がないかどうか監視し、裁決委員に報告します。

  • 決勝審判-レースでの着順・着差をジャッジしたり、決勝線(ゴール)に到達した馬のレースタイムを決定するのが主な業務です。

  • 検量-騎手は、体重のほか馬装などを含めて何キログラムで騎乗するか(負担重量)がレース毎に決められています。複数の職員がレースの直前直後に検量室でその負担重量のチェックを行います。

  • 発走-発走地点(スタート)の責任者である発走委員の仕事は、単にゲートを開けているだけではありません。最終的な各馬の状態を把握したり、できるだけ不利なくスタートできるよう細心の注意を払ったりと、公正確保上とても責任の重い仕事です。

  • 馬場取締-担当者は平常業務で競馬で使用する芝・ダートコースの維持管理を行っており、開催日にはレースの間に散水やハローがけ等を行い馬場の整備・補修を行います。また、レースの距離ごとにスタート地点や使用する柵の位置が変わるため、その管理や設置の指示を出します。

  • 獣医-平日にトレーニング・センターや競走馬診療所などで勤務している獣医職員は、開催日にも引き続き平常業務を行う職員と、競馬場で開催業務を行う職員に分かれます。競馬場では出走馬の馬体検査やレース中に事故が発生した場合の救護・診療などを行います。

  • 整理-お客様の安全確保や暴力行為の排除、苦情や要望への対応など、競馬場の全エリアが対象のファンと直に接する重要な業務です。

  • 勝馬投票-スタンド各所にある勝馬投票券発売所(馬券売り場)ごとに1名の職員が責任者として執務します。現金管理、発売窓口係員の労務管理、ファンへの応対と業務の範囲は幅広いと言えます。

  • 施設-施設内の電気空調、給排水、音響設備をはじめ、あらゆる設備の点検・管理が仕事となります。また、ターフビジョン・着順表示等の装置や、場内各所に設置されているモニターの運用管理も行なっており、場内放送についてはディレクションも担当します。

  • 広報-競馬ファンやマスコミに向け、時々刻々と変わるレースに関する情報提供を行います。取材陣の統率・管理はもちろんのこと、ひとたび放馬や出走取消などのトラブルがあれば、各部署を駆け回って状況を把握し、速やかに正確な情報を発表します。


転勤事情


日本中央競馬会は全国に展開しております。もちろん業務に応じて全国各地へ出向くようになります。

  • 本部/東京都港区

  • 競馬場/札幌、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉

  • トレーニング・センター/美浦、栗東

  • 育成牧場/日高、宮崎

  • 場外勝馬投票券発売所(ウインズ)/全国44カ所

  • その他/馬事公苑、競馬学校、競走馬総合研究所など

  • 海外駐在員事務所/ロンドン、ニューヨーク、香港


職種にもよりますが、JRA職員は数年ごとのサイクルで、全国様々な場所へ異動して活躍することとなります。
また、事務職(総合職)についてはジョブローテーション制度により、原則として入会後6年間で3カ所の部署での経験を積むかたちになります。


まとめ


採用は原則として新卒しか採用しておりません。経験者採用は馬取扱技能職・装蹄職のみです。総合職では毎年大体2千名が応募しているいたいですが、実数は非公表のようですね。
私のような一競馬ファンが、競馬を愛しているかと言って簡単に就職できるかと言ったらそうでも無いということですね。

これも私が個人的に勤務している者に聞いた話ですが、採用数については、総合職はエリア限定含めて毎年およそ25人前後を採用しているようです。基本的に国公立大学出身が多いイメージがありますが、私立大学もいるようですね。
資格といったものは全く必要としておりません。基本的に馬そのもの含め、競馬に関する知識は不問です。

「競馬の知識の有無は全く問わない」ということですね。大事なのは競馬をどれだけ「興業(もっと言ってしまえば商売)」として成功させられるか、ということを考えられるかでしょう。



▼競馬の予想ならココ▼
当たる競馬予想

■今度のレースの有力馬の情報が知りたい  ■レースの傾向と対策が知りたい
■予想屋の買い目を参考にしたい  ■的中率を上げたい


そんな方へ打ってつけの競馬メールマガジンです!購読無料!
↓↓↓↓
<<無料購読はコチラ!>>
(上記バナーからも購読可能です)
posted by ナマクラの切れ味 at 14:04| Comment(0) | 日本中央競馬会 採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。